購入

リバースフライ

September 12, 2019

やり方:

  1. チューブをクロスして持ちます。
  2. 腰幅で、後ろに寄りかかるように立ちましょう。
  3. 腕を広げながら、チューブを後ろに引きます。


ポイント:

  • 小指が後ろを向くように引くと肩の力を感じやすいです。
  • 肘がピンと張っていると痛めやすくなるので、軽め緩めておきましょう。